ひとり暮らしの見張り番
株式会社エスト

「キャビネットの見張り番」ST-200 製品情報

ST-200製品写真

ST-200  価格15,000円(税別)


ご使用方法

マイナンバーを保管するキャビネットの開扉を簡単に監視、管理するシステムです。不正な開扉時の警報と不在時の開扉歴表示で情報の持ち出しを防止。ダブルチェック運用の簡易化で実務者の負担軽減を実現します。


運用の具体例 イラスト:運用例

センサーを保管キャビネットに取付け、本体を管理責任者の近くに設置し、その操作は手元のリモコンで行ないます。保管キャビネットの開扉時は、本体から30秒間の予告音の後に警報が作動しますので、正規の作業であれば、警報が鳴り出す前にリモコンで解除をします。これにより、鍵の管理とリモコン操作による管理の効率的なダブルチェックが可能となります。また、管理責任者の不在時の不正な開扉に関しては、本体から大音量の警報が3分間鳴り周囲の注意を促すと共に、本体LEDが不在時に不正な開扉があったことを知らせます。本体は充電池でバックアップされていますので、コンセントを抜いても作動します

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのはじめに戻る

 

製品の設置と操作

システムの構成と操作

センサーをキャビネットにセットして本体のACアダプターをコンセントに差し込めば準備完了です。

本体とセンサーの距離は、10mを目安として下さい。

リモコンのボタンは2つだけ。操作はとても簡単。

 

イラスト:製品ST-200

 

どのタイプのキャビネットでも使える取付けパーツ付き

 

両開きタイプへの取付け

 

イラスト:両開きタイプへの取付け

引き出し(フチあり)タイプへの取付け

 

イラスト:引き出し(フチあり)タイプへの取付け

引き出し(フチなし)タイプへの取付け

 

イラスト:引き出し(フチなし)タイプへの取付け

引き違いタイプへの取付け

 

イラスト:引き違いタイプへの取付け

カタログ・取扱い説明書(仕様書) PDF

本製品のカタログは、このファイルを開いて下さい。

カタログ(PDF510KB)を別ページで開く

 

本製品の詳しい取付け方法、使い方、仕様を確認される場合は、このファイルを開いて下さい。

取扱い説明書(PDF764KB)を別ページで開く

 

▲このページのはじめに戻る

 

マイナンバー対策に関する議論

イラスト:設置マイナンバー対策は、順調に進んでいるかな。故意に漏らすと、4年以下の懲役という厳罰が有るくらい、その管理は重要だ。何よりも、漏えいした場合の企業のイメージダウンは計り知れないから、パソコンの対策は万全だろうね。

 

イラスト:設置課長はITあまり詳しくないので簡単に言いますけど、対象となるパソコンは、メールと許可先以外のインターネット接続が出来ないようになっていますし、社内の他のLANからも独立させてあります。ウィルス対策ソフトも常に最新のバージョンです。万が一の場合も、ファイルは暗号化されているのでバッチリです。でも、課長、ネットからの漏えいばっかり話題になっていますが、もっとやばいのは、情報保管キャビネットの物理的な安全性じゃないですか。これまでの漏えいの大半は内部の人間の問題ということですよ。今の鍵の管理の仕方だと、誰でも、そのファイル、見ようと思えば見られちゃいますよ。この間も、ある会社の嘱託社員が不正に取得した個人情報ファイルをチラつかせて、「私を大事にしなさいよ」って脅したとかっていう事件がありましたよ。

 

イラスト:設置そんなことがあったのか。確かにマイナンバー管理がズサンで、それをネタに脅されたりでもしたら、大変だなぁ。

 

イラスト:設置例えば、ファイルを紙コピーして、ネットの匿名で、そのデータをチラつかせて、100万円ビットコインで寄こせとか言って脅されたりしたら、ネットのどこから漏れたかも分からないから、パニックになって業務止まっちゃいますよね。

 

イラスト:設置よく、そんなコワイ事思いつくな。うちは、部屋を分けて入退出管理するほどの規模じゃないしなあ。金庫でも買うか。

 

イラスト:設置宝石泥棒じゃないんですから、こじ開けたりしませんよ。分からないように持ち出すのがポイントなので、金庫の問題じゃなくて、鍵の管理ですよ。

 

イラスト:設置よし、保管キャビネットの鍵の管理を厳重にしよう。さらに、鍵の使用申請書を作って、受付担当と上司の承認というダブルチェックにしたら万全じゃないかな。

 

イラスト:設置でも、申請書出さずに、内部事情に詳しい人が鍵持ち出すのが問題なんですよ。申請書とかは、手間ばっかり増えて、問題の解決にならないと思います。なんなら、監視カメラつけたらどうですか?

 

イラスト:設置確かに、監視カメラは、犯行を思いとどまらせる効果はあるかもしれないが、監視カメラの画像は誰がチェックするんだ?毎日、ずーっとチェックしている訳にもいかないし、日にちが経って、情報漏えいが分かってからチェックだと映像が保存されているかどうかも分からないし、たとえ、その時点で犯人が分かっても、後の祭りかもしれないな。何か良い方法を探してみてくれないか。

 

数日後

 

イラスト:設置課長、いいのがありました。このマイナンバーを保管してあるキャビネットの監視システムなんですけど、リモコンで操作できるんです。普段の監視状態ですと、キャビネットを開けると、こっちの課長の机の上の本体から30秒の予告音の後に警報が鳴るんで、正規の事務ならリモコンで警報が鳴る前に解除操作すればいいんです。鍵は私が管理して、課長がリモコンを持っていれば、ダブルチェックが簡単に出来ちゃいます。不正の時は、大音量の警報で周囲が気づいて発覚というのが普通ですけど、時間によって、だれも周りにいない場合でも、後で、不正に開けたかどうかは、本体のLEDで分かるんです。犯人がコンセントを抜いても、充電池のバックアップ機能もある優れものですよ。16,200円ですって。ね〜、これにしましょう。

 

イラスト:設置よし、それでいこう。


▲このページのはじめに戻る